uneri~染めたテグス織りによる立体作品の制作~

真辺 孝亮
2012
学科
ファッションデザイン学科
受賞区分
コース賞
備考

テグスの透明感を生かし、光を取り込むことで、彫刻的なタペストリーとして空間を演出します。光を通すことにより、暖色系の布に温もりが宿るような配色にしました。また、テグスのクセをあえて残したまま緯糸に用いることで、布に立体感を与えています。

コメントを残す

本コンテンツは、神戸芸術工科大学卒展〔学部・大学院〕選抜集において、ホームページへの掲載を使用許可された作品を基に制作しております。 卒業生の方で改めて掲載に差し障りがある場合には、本学広報入試課までお問い合わせくださいますようよろしくお願いいたします。