arise ~透し彫り技法による立体表現の可能性~

花山 ちひろ
2016
学科
クラフト・美術学科
受賞区分
奨励賞, 学生賞
備考

様々な模様が何層に重なり合い複雑な表情を見出す事ができる透し彫り技法を主とした立体表現をテーマにジュエリーを制作しました。
自然物の中で複雑で面白い形をしており良くも悪くも何かしら人間や自然界に様々な影響を与えている“菌”に魅力を感じモチーフを選びました。
その複雑さや奥深さが人間の感情と類似していると思ったので二つを重ね、一番触れていることができる場所は指先だと思いリングをアイテムに表現しました。

コメントを残す

本コンテンツは、神戸芸術工科大学卒展〔学部・大学院〕選抜集において、ホームページへの掲載を使用許可された作品を基に制作しております。 卒業生の方で改めて掲載に差し障りがある場合には、本学広報入試課までお問い合わせくださいますようよろしくお願いいたします。