amii~Up cycle product~ ~産業廃棄物から考えるプロダクト~

畑中 佑大
2014
学科
プロダクトデザイン学科
受賞区分
学生賞, 学科賞
備考

大量に生産され、廃棄される現代のものづくりに疑問を抱き、産業廃棄物を利用した新たなプロダクトを提案した。廃材を次のプロダクトの材料(マテリアル)と考え、製造過程で出る廃材や使わなくなった廃棄物を、次の商品への材料として使用し利益をあげる、アップサイクルという考えを取り入れた。様々な廃棄物処理施設を調査した結果、LANケーブルの製造過程で発生するバリを材料として採用し、熱で圧着成形し大小のバッグを制作した。

コメントを残す

本コンテンツは、神戸芸術工科大学卒展〔学部・大学院〕選抜集において、ホームページへの掲載を使用許可された作品を基に制作しております。 卒業生の方で改めて掲載に差し障りがある場合には、本学広報入試課までお問い合わせくださいますようよろしくお願いいたします。