ambivalence ~上品な外見と、相反する心の内面との二面性を感じさせる衣服制作~

的場 恵
2016
学科
ファッションデザイン学科
受賞区分
学長賞
備考

上品で華やかな外面と、その内面に隠された、誰にも知られたくない秘めた思いや葛藤などの渦巻く心の内側との二面性をテーマにしてオリジナルのテキスタイルと衣服の制作を行いました。
テキスタイルは、色鮮やかな花柄を転写プリントしたオーガンジーをファンシーツイードやジョーゼットなどのウール素材に重ね合わせ、その上から原毛を用いて太さの強弱を付けた毛糸で渦巻く模様を描いたニードルパンチを施したオリジナルのテキスタイルを制作しました。ニードルパンチは、針を刺すたびにオーガンジーが引き攣れるように縮んで現れるシワが、渦巻いた柄とおもしろくマッチする事が分かり、この手法を用いました。
また、衣服のアイテムは、Aラインのコート、ポンチョ、ドレス、スカートにブラウスを組み合わせた5体のコーディネートモデルを制作しました。シルエットやボリュームなどのデザインは上品でおとなしいものにし、ウエストや襟元、袖口などにフレアープリーツ、タック、ギャザーを用いて女性らしさと華やかさを強調しました。また、テキスタイルのデザインに合わせて、原毛を用いてアレンジした靴、オリジナルのバレッタやピアスなどのアクセサリーも同じ生地で制作しました。

コメントを残す

本コンテンツは、神戸芸術工科大学卒展〔学部・大学院〕選抜集において、ホームページへの掲載を使用許可された作品を基に制作しております。 卒業生の方で改めて掲載に差し障りがある場合には、本学広報入試課までお問い合わせくださいますようよろしくお願いいたします。