水難事故による死亡の軽減を目指して ~繰り返し使用出来る自立膨張式救命胴衣SIBAの製作~

市原 正治
2016
学科
大学院
受賞区分
奨励賞
備考

 私のフィロソフィーは、『人命尊重』から構成されている。この思いで救命胴衣を開発した。
SIBA浮力体は、次の3点を満たす新規の救命用浮力体及び救命胴衣である。
①軽量でコンパクトな状態で保管できる
②自立膨張し速やかに所定の形状となる
③繰り返し使用できる
 SIBA(Self-inflating buoyancy aid)の浮力体は、高反発・低圧縮残留歪みの連続発泡体と吸気弁と外装袋体から構成され、機械部品は使用しない。着用時、救命胴衣を保管袋から取り出すと拘束が解除され、自動的に給気され物性のみで安定して自立的膨張が成される。
【特許登録】平成27年10月23日
【実用新案登録】平成27年10月13日

コメントを残す

本コンテンツは、神戸芸術工科大学卒展〔学部・大学院〕選抜集において、ホームページへの掲載を使用許可された作品を基に制作しております。 卒業生の方で改めて掲載に差し障りがある場合には、本学広報入試課までお問い合わせくださいますようよろしくお願いいたします。