時の間 ~織り技法を用いた和柄の間仕切りの制作~

義之 沙織
2014
学科
ファッションデザイン学科
備考

成人式の際に身につけた、祖母が仕立てた着物の柄を身近に眺めていられる様に、柄をアレンジし、染色した糸を用い織りました。両面から見える様に制作し、黒い枠に張り間仕切りにました。

コメントを残す

本コンテンツは、神戸芸術工科大学卒展〔学部・大学院〕選抜集において、ホームページへの掲載を使用許可された作品を基に制作しております。 卒業生の方で改めて掲載に差し障りがある場合には、本学広報入試課までお問い合わせくださいますようよろしくお願いいたします。