奏撫 ~kanade~ ~楽器をより身近なものに~

足立 眞緒
2014
学科
プロダクトデザイン学科
受賞区分
学長賞
備考

誰でも四本のラインを撫でるだけで簡単に演奏が可能な、新たなインターフェースの楽器をデザインした。音楽未経験者でも演奏が可能な楽器にするために、誰が再生しても同じ音が鳴る電子楽器に注目した。直線的に並べられた音源はスケールの理論をもとに配置してあり、ランダムにキーに触れても音楽的に崩れのない音を奏でることができるように工夫を凝らした。音階の調節機能、楽器音源の変更機能を有し、ピアノやギターなどの音源を入力することで、複数の楽器が演奏可能である。
音源の取り込みに外部メモリーカードを使用、一般的な圧縮音源ファイルを音源に使用するなど、ソフトウェア、ハードウェアの両面から、楽器としての拡張性の可能性も示している。ハードウェアのデザイン制作、内部機構の設計、検討を作者が担当し、専門的な電気設計、ソフトウェア設計などをパートナーと共に協業して制作にあたった。

コメントを残す

本コンテンツは、神戸芸術工科大学卒展〔学部・大学院〕選抜集において、ホームページへの掲載を使用許可された作品を基に制作しております。 卒業生の方で改めて掲載に差し障りがある場合には、本学広報入試課までお問い合わせくださいますようよろしくお願いいたします。