ひゃっきんコミュニケーション ~まんがのおまけ要素・ファンサービスとWeb媒体の親和性についての研究~

岸田 佳帆
2016
学科
まんが表現学科
受賞区分
奨励賞
備考

紙の雑誌に掲載されたまんがが単行本化した際に見られるおまけ・ファンサービスが、Webでは掲載の時点で挿入されていることに着目し、その親和性を検証することを目的としました。新たな知識を得られる作品とおまけ・ファンサービスの親和性が高いのではないかという仮説のもと、100円均一店を舞台とし、英語を話すキャラクターを登場させることで、本編とは別におまけ・ファンサービスによって追加情報を提供することを考えました。

コメントを残す

本コンテンツは、神戸芸術工科大学卒展〔学部・大学院〕選抜集において、ホームページへの掲載を使用許可された作品を基に制作しております。 卒業生の方で改めて掲載に差し障りがある場合には、本学広報入試課までお問い合わせくださいますようよろしくお願いいたします。